オーボエが最速で上手くなる方法はココをクリック

オーボエのビブラート基礎練習方法!うまく吹くコツはお腹にあり?

オーボエの練習方法

オーボエの演奏で、ただ音をのばすだけでなく、少しビブラートをかけたい、という時がありますよね。
そこで今回は、オーボエのビブラート基礎練習方法とコツをお話します。

オーボエの場合、ビブラートはお腹でかけます!
それでは、くわしくビブラートを上達させるための練習方法をお話しますね。

 

オーボエでビブラートをかけるコツ

ビブラートとは、演奏中の音を強弱や音程の変化によって揺らすことです。

オーボエの場合、音量の変化でビブラートをかけます。

ビブラートは、やりすぎない程度に使うと、本当に気持ちよく響きます。
しかし初心者には、なかなか難しい演奏方法です。

ビブラートの練習や音程は、大半が腹式呼吸の問題です。

ビブラートの練習は、
まずは出しやすい音でロングトーンをしながら、
腹筋にグッと力を入れて、音程を一瞬上げます。
そしてまた、元の音程に戻します。

注意することは、元の音程に戻す前に、逆に音程が下がってはいけません。
必ずお腹で支えて、元に戻します。

図に描けば、音程というまっすぐな線に山ができるように、決して谷ができないように、音程をフッと上げるのです。
オーボエ ビブラートの練習
 

オーボエでビブラートをかける練習

ビブラートの練習はこのようにやります。

まず、1小節に4分音符で4回入れる練習をします。
これが出来るようになったら、
1小節に8分音符で4回入れ、
次に3連符で4回、
16分音符で4回、という具合に、だんだんと速く入れるようにします。

オーボエでビブラートをかける練習
これで、ビブラートをコントロールして、自然にかけられるようになります。

同じビブラートでも楽器によっては練習法が異なります。
オーボエのビブラートは、お腹でかけると意識してください。

慣れたら、他の音でもやってみて、音階でも練習してみましょう。

 

このコンテンツの内容は
目からウロコのオーボエ講座でさらに詳しくわかります!

・ビブラートをさらに上達させる横隔膜の使い方
・音色が変わらない強弱の付け方
・ビブラート練習にピッタリの曲
・音色はどうやって変えるのか?

オーボエを始めたい初心者におすすめの教本や教え方は?
当サイトで一番おすすめしている オーボエ教材が「オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座」です。 オーボエ...

一番の上達への近道は、実際の動きを見る、音の変化を聞く事です。
それらが繰り返し見れるDVDなどの動画がとても効果があります。
この教材はすべて動画で学べますので、理解が早くすぐに上達しますよ!