オーボエが最速で上手くなる方法はココをクリック

オーボエで指が回らない動かない時は?速いフレーズやパッセージの対処法!

オーボエQ&A

オーボエは高音域の木管楽器ですので、わりと速く動くフレーズや、ややこしい指使いの長いフレーズを任されます。

そこで今回は、速いフレーズ・パッセージで指が回らない時、動かない悩みを解消する方法を解説します。

この練習を取り入れてみてください。

 

オーボエで指が回らない時の解決法

オーボエで指が回らない時の解決法

オーボエで指が回らない時の解決法は
吹きながら練習しないことです。

つまり、指回しだけで練習します。

吹きながら指回しもやると、
吹く時の力みが指にも伝わり、余計にうまくいきません。

ですから、リラックスした状態で、指の練習だけをしてください。
まずは吹かずに指だけで押さえる練習をします。

特に薬指や小指など、
小さい動きで正確な位置で押さえられるよう練習していきます。
特に小指が一番遠いキーは他の薬指などが動かないように。

そして、指を早く動かす練習をしましょう。
バタバタするのではなく、早く動かせるように練習をします。

息を入れずにトリルの練習などもします。
特に薬指のトリルなどは難しいので練習します。

小さい動きなら、移動距離も短いので速く動きますよ。

音階なども、最初は指だけで大きく動かさずに、きれいに動かす練習をします。

これがスムーズに行くようになったら、吹きながらやってみましょう。

 

オーボエで指が回らない時の練習方法

速いパッセージで指が回らない!

オーボエで難しいフレーズがうまく吹けなくて悩んだときは、ずっと同じことを練習するより、まずは基本に戻ることが一番です。

基礎をしっかり固めておけば、悩みはずいぶん軽くなりますよ。

 
例えば、16分音符がずっと続き、テンポも速くて、指がスムーズに動かないことがあるとします。

そういう時は、
まずはテンポをぐっと落として、いろいろなリズムで練習します。

例えば、「タタタタタタタタ」というリズムであったとしたら、
「タータタータタータタータ」とか、
「タラタタタラタタ」など、
付点音符とスタッカートで練習してみたり、今度はスラーを入れてやってみたりします。

 
こういうことを、

“アーティキュレーション”を変えて吹く、
というのですが、これをやりながら、だんだんとテンポを上げていきます。

機械的に、メトロノームを使っての練習でOKです。

最終的に譜面通りに吹くと、落ち着いて指が回るようになっています。

アーティキュレーションを変える練習も、普段の音階練習から取り入れていくと効果的です。

オーボエの練習方法
「オーボエの練習方法」の記事一覧です。

 

このコンテンツの内容は
目からウロコのオーボエ講座でさらに詳しくわかります!

・速い曲にも対応できる指の使い方
・離れた音でも音色を変えずに吹く方法
・音の隙間を埋める練習方法
・音が飛ぶ曲はこう吹く

オーボエを始めたい初心者・早く上達したい人におすすめの教本や教え方は?
当サイトで一番おすすめしている オーボエ教材が「オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座」です。 オーボエ...

一番の上達への近道は、実際の動きを見る、音の変化を聞く事です。
それらが繰り返し見れるDVDなどの動画がとても効果があります。
この教材はすべて動画で学べますので、理解が早くすぐに上達しますよ!