オーボエが最速で上手くなる方法はココをクリック

オーボエのタンギングで早く吹く練習法!シングルとダブルのやり方!

オーボエの練習方法

オーボエやファゴットのダブルリード系は、速いタンギングが苦手な楽器です。
今回はオーボエのシングルとダブルタンギングの練習法、早く吹く為のやり方、コツを解説します。

オーボエはタンギングで悩む方が多いです。
これでしっかりマスターしましょう。

 

オーボエのタンギングはアンブシュアがポイント

オーボエ アンブシュア

タンギングが上手くできないとき、
まずはアンブシュア(唇の形)が
崩れないようにリードだけで吹く練習をしてみましょう。

タンギングで唇が疲れないように、唇を鍛える訓練です。

 
鏡を見ながら、
唇を丸め込んでリードをくわえているか、形を確認しつつ練習します。

そして、リードだけで、
「ドー シー ドー」と、音程を変えて、音を出します。

リードだけで、音程を変えれるの?
と、初心者の方は思われるかもしれませんね。

オーボエは口笛のように、息を下向きに入れると、音程が下がります。

「ド」の音程で吹いたら、息を下向きに入れて、「シ」の音程を出します。
そしてまた上向きに息を入れて、「ド」に戻ります。

「ドー」「シー」「ドー」と、
一つ一つ、タンギングをしてください。

これを、繰り返して練習します。

楽器をつけていると、アンブシュアの乱れに気づかないことが多いので、まずはリードだけでやってみて確認しましょう。

 

オーボエのタンギングの舌の位置

オーボエのタンギングの舌の位置

タンギングは「トゥー」と発音するのが基本です。

タンギングは、舌つきのことですが、
音が出るのは舌を“離した”瞬間からです。

要するに、
「ト」のときに舌をついて、「ゥー」のときに舌を離す、
そして音が出る、という舌の位置になります。

 
舌付きだけしっかりしていても、
離すとき息のスピードが遅いと、きれいな音になりません。
「ト」も「ゥー」も大切ということです。

「ト」の部分、舌付きばかりに必死にならず、舌を離したときの音色が大事だということを覚えておいてください。

 

ダブルタンギングのやり方と練習方法

ダブルタンギングのやり方と練習方法

ダブルタンギングという奏法は、息の力だけで、裏拍の音を出す奏法です。

フルートなどは、比較的楽にダブルタンギングができますが、オーボエにはとても難しい奏法です。

たいへん苦労はしますが、習得すると便利ですので、ダブルタンギングの練習方法をご紹介します。

 
ダブルタンギングの練習は、ゆっくりから始めます。
リードだけで、まずやってみましょう。

「トゥクトゥクトゥクトゥク… 」
と発音するように吹くのですが、
はじめは「ク」のところが音にならないと思います。

「ク」のところは、舌をつけず、
息の力だけで音を出すので、非常に難しいのです。

「ク」で出来ない方は、
やや、「キ」か「リ」に近い発音でやってみてください。

 
はじめは、「ク」の方にアクセントをつけて、
はっきり音が出るまで強く発音します。

「ク!」と、思い切り音にします。

ゆっくり「トゥク!トゥク!」とできるようになったら、少しずつテンポを上げていきます。

 
次に、楽器をつけてやってみましょう。
自分の出しやすい音で構いません。

「ク」のところが、音になりにくいことがよりわかると思います。

はじめは思い切り、「トゥク! トゥク!」と、
とにかく「ク」が音になるよう頑張ります。

ゆっくりから、少しずつテンポを上げて、地道に練習していきます。

 
その次に、音階で練習します。

「ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド」を
「トゥク!トゥク! トゥク!トゥク!」

というふうに、1音1音ダブルタンギングで吹いてみます。
できるようになったら、他の音階でもやってみます。

はじめから上手くできないので、根気よくやってください。

 
だんだん慣れてきたら、「ク」のアクセントをやめて、なるべく滑らかに吹けるよう、またゆっくりから練習します。

自分では、綺麗にタンギングできているかわかりにくいので、録音してみたり、周りの人に聴いてもらいましょう。

 
ダブルリード楽器のダブルタンギングは、裏拍がきつく、決して美しくないので、できればシングルで速くタンギングするのがベストではあります。

しかし、曲によっては、本当に追いつかないときもあるので、少しずつ練習しておくといいでしょう。

 

このコンテンツの内容は
目からウロコのオーボエ講座でさらに詳しくわかります!

・リードだけで音を出す
・アンブシュアの形の決め方
・タンギングのレベルアップ方法
・ダブルタンギングをマスターする

オーボエを始めたい初心者・早く上達したい人におすすめの教本や教え方は?
当サイトで一番おすすめしている オーボエ教材が「オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座」です。 オーボエ...

一番の上達への近道は、実際の動きを見る、音の変化を聞く事です。
それらが繰り返し見れるDVDなどの動画がとても効果があります。
この教材はすべて動画で学べますので、理解が早くすぐに上達しますよ!