オーボエが最速で上手くなる方法はココをクリック

オーボエ初心者が早く上達するための基本4ヵ条をまずマスターしよう!

オーボエの基礎

オーボエの演奏は、ポイントを押さえずに闇雲に練習していても、なかなか上達しません。

オーボエ初心者が早く上達する為の、姿勢や指回、呼吸法、リードのくわえ方など初心者の方への上達のポイントを解説します。

特に初心者の方は変な癖がついてしまうと、なかなか直せなくなります。
最初から正しいポイントを知って、マスターしていくのが上達の近道ですよ。

 

オーボエ初心者が早く上達するための基本4ヵ条

オーボエ初心者が早く上達するための基本は

・ リードのくわえ方
・ 姿勢
・ 指使い
・ 腹式呼吸

この4つです。

実はこの順番も大事です。
この順番でひとつづつ見ていきましょう。

 

リードのくわえかた

オーボエ リードのくわえかた

オーボエに付ける前に、まずリードだけで音を出してみます。

唇を、口の中に巻いてしまう感じで、リードをくわえます。
そのままの唇では、音が出ませんので、必ず巻くようにしてください。

リードは、ただ単にくわえるのではなく、唇を巻き込む感じでくわえます。

また、あまりきつくくわえても音が出ませんので注意してください。
くわえるのは、優しくですが、息を上手に入れるために、唇の緊張感は保ってください。

そして、少量の息を、速いスピードで吹き込みます。

唇は柔らかくリードを包むように、リードの周りから息がもれないよう注意します。

 
リードをくわえる加減は、
なかなか難しく、いい音が出せる加減が人によって違います。
個人差、また、リードの状態にもよりますので、ちょうど良い位置をいろいろと試してみましょう。

この良い位置(角度)が後々の「姿勢」につながってきますので、忘れないようにしましょう。

 
オーボエは、息が余る楽器です。
その代わり、ゆっくり息を入れてもいい音が出ません。
「ピーー!」っと、草笛のような音が出るまで、何回も練習しましょう。

ちなみに、あまりくわえすぎると、ぺーっとした音に聴こえます。
これだとラーメン屋さんが吹くチャルメラの音になります・・・

そんな感じに聴こえたら、もう少し浅くくわえましょう。
ちょうど、葦(木の部分)が削られているところをくわえる感じです。

楽器を吹く唇の状態を、“アンブッシャー”と言いますが、いいアンブッシャーにはコツがいりますので、とにかく練習です。

 

オーボエを吹く時の姿勢

オーボエを吹く時の姿勢

演奏するときは、背筋を伸ばしてください。
反り返るのもいけませんので、自然に伸ばします。

左手が上管、右手が下管です。
右手の親指を、下管の裏のひっかける部分にかけて、楽器を支えます。

オーボエを体と45度くらいの角度で構えると良いと言われていますが、あまり気にしなくていいです。

大事なのは、
先ほどのリードのベスト位置、角度が保てる姿勢です。

オーボエを吹くときの姿勢は、これを最優先にして構えてください。

 

オーボエのキーに対する指

オーボエを、自分のベスト位置に構えたら、次は指に注意してください。

指は、ボールか卵を持つように、柔らかく曲げてキーの上に置きます。

押さえない指も、常にキーのそばに、曲げた状態で近づけておきます。
すぐにキーを押さえられるように、準備しておくわけです。

 
ちなみに下の左が悪い例、右の画像が良い例です。

オーボエ 指回し

そして、指の腹で、しっかりキーの穴をふさいで押します。

指がふんわりと曲がっていないと、素早くキーを押さえることが難しくなりますし、穴もうまくふさぐことができません。

左手の小指も、すぐに♭キーが押せるように、そばに近づけておきます。

 

オーボエは腹式呼吸を意識する

オーボエは腹式呼吸を意識する

オーボエを吹くときは、腹式呼吸を使います。
肩で息をせずに、お腹に空気を吸い込んで、お腹から息を出すのです。

人は自然に肩で息をするので、
腹式呼吸は意識しないと、とっさには出来ません。

息を吸って、下腹部が膨れたら、お腹に力を入れて息を吐きます。
上半身は、楽にしておき、腹筋に集中します。

・口からゆっくりとお腹の下の方に向かって息を吸う
・いっぱい吸い込んだところで止める
・そこからお腹を緩めずに、引っ込めずにゆっくりと少しずつ息を吐く

お腹の少し緊張した膨らんだ状態を保ちながら少しずつ吐いて行くと、徐々にお腹が引っ込んでくると思います。
これがオーボエを吹く時の正しい呼吸方法です。

 
時間があるときに、何回も練習してください。
腹筋を鍛えるトレーニングも取り入れるといいですよ。

 

このコンテンツの内容は
目からウロコのオーボエ講座でさらに詳しくわかります!

・リードだけでもうまく音の出せる方法
・唇が疲れる人の改善策
・手首が痛くなる人はココが間違っている
・腹筋なんていらない息を吐く練習

オーボエを始めたい初心者におすすめの教本や教え方は?
当サイトで一番おすすめしている オーボエ教材が「オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座」です。 オーボエ...

一番の上達への近道は、実際の動きを見る、音の変化を聞く事です。
それらが繰り返し見れるDVDなどの動画がとても効果があります。
この教材はすべて動画で学べますので、理解が早くすぐに上達しますよ!