オーボエが最速で上手くなる方法はココをクリック

オーボエ初心者のロングトーン練習方法!音程や音階のコツや注意点を解説!

オーボエの練習方法

オーボエに限らず、管楽器の基本中の基本の練習は、ロングトーンです。
このロングトーンをマスターすることで音程や音階などの段階に入っていけます。

オーボエのロングトーンの基礎練習のやり方、チューニングについて解説していきます。

オーボエ初心者の最初の関門とも言えるでしょう。

 

オーボエの基本練習 ロングトーン

音をのばす練習を「ロングトーン」と言います。
ロングトーンは、管楽器練習の基本中の基本です。
特に初心者の方は、しっかり練習しましょう。

ご存知の方も多いと思いますが、オーケストラでは、オーボエがAの音をのばして、みんながその音程に合わせます。

オーボエのAの音が、オーケストラのチューニングで使われているんですね!

出しやすい音でもありますので、まずはAの音をのばしてみましょう。

 
上から二つのキーを押さえると、“A(ラ)”の音が出ます。
まず、Aの音を出してみましょう。

オーボエ A(ラ)の音

Aの指使いで構えたら、リードで練習したように、少量の息を速いスピードで吹きこみます。

初めは、苦しい感じがするかもしれません。
それは、息が余ってしまうためです。

オーボエのリードは細いので、息がたくさんは入らないのです。
何回も練習していくうちに、その抵抗感にも慣れてきます。

 

オーボエ ロングトーンの注意点

ロングトーンの注意点

ロングトーンは、
とても大切な練習ですが、ただ音を延ばしていても上手くなりません。
リードをくわえたら、
軽く舌先をリードにあて、息を吹き込むときに離します。

リコーダーを吹くときのように、“トゥー”、と発音する感じです。

 

そして、音程を保って、均一に息を吹き込んで延ばします。
「ロングトーンは均一に」がポイントです。
延ばし終えるとき、舌をリードにあてて、息を止めます。

 
はじめは、音がフラフラするかもしれません。
まっすぐに延ばせるように頑張りましょう。

それにも、お腹の力が大切になってきます。
お腹で、音を支える感じです。

 

オーボエの基本練習 チューナーを使う

オーボエの基本練習 チューナー

絶対音感のある方は、音程がよくわかるので不要ですが、
一般的には「チューナー」という機械を使って、音程が合っているか見ます。

初めはチューナーを購入して、音程を確かめながら、ロングトーン練習をするのがおすすめです。

音程は、442ヘルツに合わせるのが一般的です。
音程がグラグラしないように、まっすぐに安定するまで、チューナーを使ってロングトーンの練習をしましょう。

 

オーボエの基本練習 音階練習

オーボエの基本練習 音階練習

Aの音がうまくのばせるようになったら、運指表を見ながら、音階を練習しましょう。

運指表は、初心者向けの基礎練習本にはたいてい載っています。

一番初めは、Cの音階で練習してみましょう。
ドレミファソラシドです。

下の音から、ゆっくりロングトーンします。
音階でロングトーンを練習すると、音程が定まりやすくなります。

低い“C(ド)”は、出にくいかもしれません。
オーボエは、低音が出しにくいからです。
低音を出すときは、構えを少し下向きにすると出しやすくなります。

 

このコンテンツの内容は
目からウロコのオーボエ講座でさらに詳しくわかります!

・ロングトーンを使わずにまっすぐ美しい音を出す方法
・息が苦しくなる人はこうする!
・音色や音程が安定しない人は息のスピードが原因!
・音色が変わらない強弱の付け方

オーボエを始めたい初心者におすすめの教本や教え方は?
当サイトで一番おすすめしている オーボエ教材が「オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座」です。 オーボエ...

一番の上達への近道は、実際の動きを見る、音の変化を聞く事です。
それらが繰り返し見れるDVDなどの動画がとても効果があります。
この教材はすべて動画で学べますので、理解が早くすぐに上達しますよ!