オーボエが最速で上手くなる方法はココをクリック

オーボエの組み立て方と正しい置き方は?練習後の手入れの仕方も解説!

オーボエの基礎

オーボエの正しい組み立て方を解説します。
これはオーボエで良い音を出すために欠かせない初めの一歩です。

それと楽器を大切に扱うためにも、オーボエの正しい置き方、練習後の手入れの仕方も知っておいてください

 

オーボエの組み立て方の順番

オーボエの組み立て方の順番

オーボエは、三つの部位に分かれています。
オーボエを上から見て、順番に「上管」「下管」「ベル」と呼びます。(上記の画像はこの順番ではありません)

オーボエの組み立ての順番は
➀ 一番下の部分、“ベル”と、真ん中の部分“下管”
➁ 一番上になる“上管”をつけます。

つまり、下の部位から上に向かってつなげて組み立てます。

この時に、ジョイントのコルクに、コルクグリスを薄く塗るとスムーズです。

 
このオーボエを組み立てる時の注意点ですが、
右側にある長いシャフトを強く押さえないようにすること。

なるべくその他のキーも強く握らないようにして、力がかかるのはボディーの木の部分だけになるようにして下さい。
 
上管をつなげる時も、
右側の長いシャフトを強く押さえないように気を付けましょう。

そして左手親指と人差し指で
上管の一番上の第二2オクターブキーの上ボディーの部分をしっかり握ります。

キーを正面に見て左側の下管との連結部分を良く見て、ここがきちんと真っ直ぐになるように気を付けながらキーがぶつからないように1cmくらい回しながら押し入れます。

オーボエの組み立てで一番のポイントは、
キーを強く押さえない事、
大きく回し過ぎない事です。

外すときはこの手順の逆の動作になります。

 

オーボエの正しい置き方

オーボエはとても精密なキー構造になっていますので、置き方にも注意しなくてはいけません。

オーボエは横に置かずにスタンドに立てるのがベストです。


そのためのアイテムもあります。

どうしても横置きにする場合は、
左手小指で操作するキーがある方を下にして置きます。

こうすると低いH,Bキーにオーボエの重さがかかりますが、そのキーは外側内側どちらにも動くので、クッションになり重量に対する負担が少なくなります。

逆向きに置くと、
キーが動かないので、モロにオーボエの重さがキーにかかってしまいます。

精密がゆえにキーが曲がったりでもしたら大変なのです。
できるだけオーボエは立てて置きましょう。

 

オーボエ練習後の手入れの仕方

オーボエ練習後の手入れの仕方
オーボエをしまう時や休憩で吹かない時には、必ず管内の水分を拭き取ってケースにしまいましょう。

スワブで拭き取る場合は強く引っ張らないようにして下さい。
羽を使う場合は上管と下管を外してから上管は下から羽を入れて軽く回して抜きます。



下管とベルはまたすぐに吹く場合は外す必要はありません。
ベルの先から羽を入れて回して拭き取ります。

管の中を見て、水滴が残っていなければ大丈夫です。

どうしても水分は残ってしまうので濡れて光って見えますが、完全に水分が無くなるまで拭き取る必要はありません。

 
練習が終わったら、
ケースにしまう前に必ずキーを拭きましょう。

この時にキーを正面から見て左側にあるネジに触れないように気を付けてください。
右手でクロスを持って、右側から拭くように。

これは、クロスがネジに引っかかって回ってしまうのを防ぐ為です。


 
楽器をケースに入れたら、
中で楽器がガタついていないか確認しておきましょう。
ガタついているようでしたら、
低反発スポンジなどを入れてガタつきを抑えてあげます。

 
オーボエはあなたの大事な相棒です。
可愛がってあげて長い付き合いにしましょう。