オーボエが最速で上手くなる方法はココをクリック

オーボエの調子が悪い時はココをチェック!原因や修理の前の調整方法!

オーボエQ&A

オーボエを吹いていると、楽器の調子が悪くなることがあります。
オーボエの調子が悪いときの原因、修理の前にタンボやバネを調整する方法を解説します。

オーボエの調子が悪いと感じたら、次の事をチェック、調整してみましょう。

 

オーボエの調子の悪い時はココをチェック

オーボエは、とても繊細な精密機器のようなものですから、ちょっとしたことでもダメージを受けやすい楽器です。
なので、ちょっとした調整で修理に出さなくても直る場合があります。

どんなことが原因なのかも知っておくと、メンテナンス上手になりますよ。

オーボエの調子の悪い時、よくある原因はこの3つです。

・ タンポ
・ バネ
・ ヒビ

ひとつづつ詳しく見ていきましょう。

 

オーボエの調子の悪い時の原因 タンポ

トーンホール(穴)を塞ぐ部品を“タンポ”と言いますが、ココの不具合で調子が悪くなるケースがあります。

タンポの原因は、だいたい3つです。

タンポに水が溜まっている

オーボエ タンボの調整 メンテナンス

タンポに水滴が溜まると音が出なくなります。

ある程度吹いたら、
楽器全体を掃除して、唾や水滴を取り除かなくてはいけません。

面倒なようですが大事な作業です。

特に上管は細いので、オクターブキーのトーンホールは、非常に小さいです。
ちょっとの水滴でも、ブルブルとした音になってしまいます。
クリーニングペーパーで、しっかり水分を取りましょう。

常にオーボエを清潔にすることが防止策になります。

 

タンポが浮いている

オーボエ タンボ ネジの調整 メンテナンス

しっかりキーを押さえているのに、
音程がおかしいときは、タンポが浮いている可能性があります。

薄い銀紙をタンポに挟んでみて、
タンポの跡がつかなければ、浮いていると考えられます。

どうしてタンポが浮いているのか、そのキーの周辺をよく見ます。
複雑な箇所であれば難しいですが、近くのネジを調整すれば、きちんと閉まる場合があります。

ネジの調整には、専用の細いドライバーが必要です。

古い楽器であれば、楽器店で、タンポの交換が必要かもしれません。

 

タンポがトーンホールにくっついてしまう

原因はよくわからないのですが、逆にタンポがトーンホールにくっついてしまうこともあります。

何かのゴミが付着してしまったのか、パッと離れなくなります。

これは、しょっちゅう起こることではないですが、こうなってしまうと、自分で直すのは無理です。
楽器店にお願いしましょう。

 
ただ、この応急処置はあります。
パウダーペーパーというものが売っていて、薄く紙に粉が塗ってあります。


それを、その付着するタンポに挟んで外すと、タンポの付着が短時間解消されます。

しかし、結局は応急処置なので、早くタンポを交換してもらいましょう。

 

オーボエの調子の悪い時の原因 バネ

オーボエ バネの調整 メンテナンス

キーがうまく動かないとき、どこかのバネが外れている事があります。
小さな細いバネが、あらゆる角度についていて、なにかの拍子に外れてしまうことはよくあることです。

外れているネジを発見したら、
細いドライバーでそっと持ち上げ、元の溝に引っ掛けて直します。

力強く動かすと折れますので、本当に注意してください。
バネも劣化しますので、症状がひどいときは交換する必要があります。

 

オーボエの調子の悪い時の原因 ヒビ

オーボエ ヒビ

トーンホールとの間に、木目とは違う、はっきりとした筋を見つけたら、それはヒビかもしれません。

これは、一大事です。
すぐにでも、楽器店へ修理に出してください。

そのまま吹き続けると、完全に楽器が割れてしまいます。

 
木管楽器は、寒暖差に非常に弱いので、冬、温めずにいきなり吹いたり、外で吹いたりすると、まれにこういう緊急事態を引き起こしてしまいます。

普段から、楽器の表面に薄くアーモンドオイルをつけて、乾燥から守ってあげましょう。

 

オーボエの定期的なメンテナンスのすすめ

オーボエ メンテナンス

いろいろ紹介してきましたが、
明らかにバネが外れている!など、簡単なこと以外は、ダブルリードのことがわかる楽器店に相談するのが一番です。

定期的に、年に2回位、
ダブルリードの専門店で点検・調整をしてもらうのがベストです。

ちょっと強く置いてしまっただけでも、オーボエは調子が狂う楽器です。
そう考えると、快適に吹くためにも、定期的なお休みは必要かと思います。

緊急事態で慌てる前に、
本番がまだ先で、時間に余裕のある時に点検に出しておく事をおすすめします。

転ばぬ先の杖、オーボエもしっかり養生させてあげましょう。